申請する方法

基本的に省エネ住宅ポイント発行の申請を行う際には様々な手続きが必要になってきます。そこで、ここでは省エネ住宅ポイント発行の手続き方法と手続きをする際の流れなどを紹介していきます。
一般的に省エネ住宅ポイントを発行できるのは一定の基準を満たして工事を行なっている場合のみとなっているので、先ずが基準をクリアしているかどうかを確認します。
基準をクリアしていた場合が、建築の着工を行ないます。
建築着工して工事が完了したあとに省エネ住宅ポイントを発行してもらうために申請を行なっていきます。
ポイント発行が工事後なのは、しっかりと一定の基準をクリアしているか確認してから発行するため工事が完了してから申請を行なっていきます。
申請の際に必要な書類は、エコポイントの対象住宅であることを証明してくれるエコポイント対象証明書や住宅建築主基準の適合証明などの第三者期間が発行する証明書などが必要になるのでしっかりと準備しておきましょう。
他にも、工事証明書や契約書や領収書のコピーなどを準備する必要があるのでしっかりと必要な書類を全て準備するようにしましょう。
申請書類などを全て揃えてから申請書を記入して申請書類を提出します。
提出の際には窓口や郵送などがあるので自分で選択してから提出する。書類審査に通るとポイントが発行されるので、ポイントがきちんと発行されているか確認するようにしましょう。

省エネ住宅ポイント発行申請は書類の準備などがかなり面倒なので、お仕事などで忙しい方は住宅の建築を任せた業者が申請を代行してくれる場合があるので、申請代行などをお願いして申請を行ってもいいでしょう。