併用できる住宅制度

省エネ住宅ポイントはとてもお得に利用できる制度ですが、併用することによってさらに利用することができるような制度の数多いので覚えておきましょう。
省エネ住宅ポイント制度は省エネ住宅を建てるまたは省エネ住宅にリフォームすることによってあとからポイントが発行される制度となっています。
そのため、その他の住宅制度と併用しやすいという特徴があります。なので、ここでは省エネ住宅ポイントと併用できる住宅に関する減税制度について紹介していきます。
近年の日本は省エネに力を入れていて、省エネに関する減税精度も勿論あります。この減税精度を省エネリフォーム減税と言います。
省エネ減税はリフォームした際に省エネ基準を満たした場合に受けられるようになっている様な減税精度となっていて、リフォームを行った年に確定申告することで工事費用の10%の費用を所得税から控除されるので、実質10%の工事費用を減税することができるようになっています。
さらに省エネリフォームということで申請を出せば省エネ住宅ポイントも発行されるので一緒に利用するとお得な減税精度です。
他にも、バリアフリーリフォーム減税というものがあり、住宅のバリアフリー化の基準を満たした際に省エネリフォーム減税と同じように確定申告を行なえば工事費の10%が控除される精度となっています。
これだけではなく、耐震リフォームの際にも同じように費用の10%を控除してもらって省エネ改修工事なども行なっていた場合は省エネ住宅ポイントなども利用する事ができます。